Owner's Report
2006年6月の秋田遠征にてK-project/S-motion/赤金により
80pのランカーを2本上げる事が出来ましたのでご報告します。
 
今回の遠征ではK-renさんも参加され楽しく5日間を共に過ごす事ができました!
この釣果はK-renさんが帰られた後、2日後の出来事でした・・・。


遠征7日目、一週間毎日好天に恵まれていたにも拘らずこの日起きると空は曇り空でした!
若干、濁りと増水もしており前日まで好調の釣果も半ば諦めムードに・・・。
相方と入水後、二人は横に並んでダウンクロスに各々信じるルアーを投げていました!
私が選んだのはK-renさんがこの遠征の為に作って来て下さったK-project/S-motion/赤金をチョイス。
しばらくキャストしていたが、なかなかシーバスからの反応は得られなかった・・・。
ふと・・・真下流にダウンに投げたくなり、相方に『ちょっとダウンに投げさせて・・・』と言って
キャストするコースを譲ってもらった。
岩盤際を狙ってフルキャスト!50〜60メートルは飛んでいた事でしょう!
着水と同時にラインスラッグをとり竿立てデットスローに徹していた。
ほんの数回リールを巻いていた時に『ゴン!』と強い反応が・・・・・・強くアワセを入れヒットに持ち込んだ。
何とダウンにキャストして1投目だった。
必死に岩盤下に潜ろうとするのでこの時点では『もしかしたらサクラマスかな?』と思っていた。
50〜60メートル先の激流から引きずり出すのにかなりの力を要した!
慎重かつパワーファイトをしていると『バホバホッ!』と突然の鰓洗い・・・。
この時点でようやく『あっ!シーバスだ・・・。』と魚体確認が出来ました!
やっとの想いで寄せて口元を確認すると後ろフックのみ掛かっているのが見えました!
『ヤバイ!』
もうこれ以上リールを巻くと口切れする可能性がありましたので相方にネットにて掬ってもらいました。
計測してみるとジャスト80p。
嬉しさのあまりバンザイ持ちしちゃいました・・・。
 


そして2本目は場所移動先で同じくK-project/S-motion/赤金をチョイス!
こちらのポイントも岩盤&ガンガン瀬。
ダウンクロスにキャストして本流筋から抜けた瞬間に『ゴゴン!』と重いアタリが・・・。
実はこのシーバスをヒットする前に2バラシしていましたのでここは慎重になりました。
リールをゆっくり巻きながら自分も後ろにズリ下がった!
『デカイ!もしかすると・・・・?』と半信半疑で計測するとなんとまたしてもジャスト80p!
本当に嬉しかった・・・一日に同じルアーでランカーが2本も釣れたのは初めての事でしたから・・・・・
またまた、バンザイ持ちして喜びに浸りました(^o^)
 
今回この様に記憶と記録に残る2本を出せたのはまさにこのK-project/S-motion/赤金のお陰と
K-renさんの完璧なルアー作りによるものと思っています。
K-renさんに本当に感謝します。
 
以下の文は制作者K-renさんが『S-motion』を作るにあたってのコンセプトです!
改めて読み返すとこのルアーがどんな状況下でも安心して使えるオールマイティーな
ルアーである事が良く判りました。
 
強風時、逆風時にブレイクラインやヒットポイントが
遠目の時に飛距離が欲しい・・・・・・
そんな状況下で活躍してくれるのがこの「S-motion」

干潟・河川・サーフ・シャローエリア設計
バルサ独特の浮力をボディ上部へ配し、それを活かす
ウエイトバランスを追求!
どんなリーリングにも対応出来るようになりました
もちろん、ジャークを入れても使用可能!
アクションはスローでS字、超ファーストでローリングが混じる
ロッド操作・リーリングスピードによりアングラーの
好みのレンジでの操作を可能にしました。
まさにバルサにしか出せないアクションで活性の低い
シーバスの口を使わせます!

また、カウントダウンでも細かく揺れながらフォールするので
最近流行の「岸ジギ」もOK!
 

BACK