Report 2007  
2007.12.28  柏崎

今年最後の釣行となるだろう?この夜は到着直前から雨が降ってきた。
風もほとんど無く、海は静まりかえっていた。

開始三投目にバイト!何か違う?・・・・とワンテンポ遅らせてロッドをあおると結構な引き。
12cmのType-Nのテールフックを銜えて上がってきたのは28cmのメバルだった。
この後も続けるがノーバイト(+_+)
深夜2時まで頑張ったが・・・・・・
今年最後にヒットしたのは
メバル28cm!
抱卵していたのでお帰りいただきました(^^)

2007.12.21〜23  柏崎サーフ

先週とは全く違う穏やかな天候の中で金曜夜からスタート!いつものT氏と夜の部を開始したが・・・・雰囲気は抜群なのだが全く反応が無く終了。

朝の部は明るくなってからのスタート!開始10分、SOLDIER130でサラシの中を通していたらいきなりのヒット!
これが73cmだった(^_-) 直後に隣のT氏も60cmゲット!
波もサラシも最高だったけど後が続かず・・・・歩いて場所を移動するが波が中途半端で今一つポイントを絞り込めない状況だった。
少しウェーディングし、サラシの広がるスリットを中心にType−Nをキャストしているとよそ見をしていたらスリットの中でヒット!(^^;;
これがナイスプロポーションな65cm!
更に最初の立ち位置に戻って同じく新作SOLDIER11063cmゲット!
午前中はこれで終了。

夜の部は別のポイントへ夕マズメから入る。
ここで粘ったが残念ながらノーバイト(+_+)
ポイントを大移動し、ウェーディングするが海面はベタベタですぐに歩いて場所移動。
あまり釣れる気がしないし、朝の疲れと咳が酷くなり集中力がかなり低下してきた時いきなり足元でガツン!
これが突っ込む突っ込む(汗)
リーダーが岩に擦れている感触が何度も・・・・・『ダメかもしれない』と諦めたが運良くブレイクせず寄せ波で一気にズリ上げた。
これが意外とデカかった76cm!Type-Nグリーンイワシの重心移動だった。
この後、T氏にも72cm!離れた場所でやっていたb.r君は67cm、65cmをゲットしていた(^^v

日曜朝はベッタリして全然ダメ(T_T)
しばらくしたら目の前でナブラが湧き30cmくらいのワカシが1匹釣れて終了。
開始10分でサラシの中から・・・・・1本目SOLDIER130で73cm!
2本目はType−N固定重心で65cm!
3本目は新作SOLDIER110で63cm!
夜の部足元でヒット!凄まじい突っ込みでした 76cm Type-N重心移動!
T氏の釣った72cm!

b.r君と電話で会話していたらヒット!
さすがT氏、強引に抜き上げてました(笑)

2007.12.15  柏崎サーフ

金曜日夜は強風で釣りにならず・・・・・朝はみぞれ混じりの雨の中スタート!
良いかも!?と思ったけどノーバイト(+_+)
お昼まで粘ったけど全くダメダメ(泣)
『夜勝負!』と思ったけど波は高くなり、入りたいポイントへは入れずサーフで開始!
直後、目の前で凄まじい稲妻が・・・・・・『死んだ!!』と思ったけど生きていた(^^;;
ダッシュで退散し終了でした。

2007.12.07〜08  柏崎サーフ

金曜夜からT氏と出撃!しかし到着すると風は強く雨も降っていた。
「これは無理できないね」と夜の部を諦め早々とZZZ

朝の部はb.r君も合流しスタート!
開始早々、b.r君のロッドが孤を画く!
上がってきたのはナイスサイズの77cm! 入れ替わりに入った私には・・・・・・しかし、目の前でシーバスが背びれを出してベイトを捕食している姿も目に入った。しばらくするとそれも居なくなった(泣)

少し移動した場所でまたしてもb.r君がシーバスをゲット!これも堂々の75cm!
その後、私にもシャローのサラシからシーバス69cm!SOLDIER130でのゲットだ!
ほぼ同時にT氏にもヒットしていたが・・・・・残念ながら足元でバレてしまったらしい(残念)

夕方はマズメからスタート!
一投目からT氏信頼の『男のルアーR55』を頭からガッポリ飲み込んだ77cmゲット!
しばらくやったけどこれっきりで雨が激しくなり渋々引き上げた。
雨に加え、風も暴風となり終了。
朝はもちろん釣りにならず早々と帰宅した。
b.r君 開始早々の77cm! 夜の部男のルアーR55を丸呑みしたT氏の77cm
SOLDIER130でゲットした69cm! ドラグが鳴りました(^^)

2007.11.30〜12.01  柏崎サーフ

金曜夜、先乗りしていたT氏と合流し久しぶりに行くポイントへ!
T氏の入ったポイントでは「ベタベタだよ」とのことだったが、最初のポイントは結構なウネリがあった。
「凪よりいいか!」と一人ポイントへ!T氏は近くの別の場所に入った。
最初は凪に近いテトラの際を探るが反応無し。次は波のある方の大きな根の際をトレースしていたら『ゴンゴン』とヒット!
結構いいサイズだったのに加え、ウネリがあって魚の重量もサイズ以上に感じたが慎重に寄せてきたら足元で『プーン』とフックが外れる感触・・・・・『ヤバイ!』更に手前での突っ込みをかわしてランディング体制に入ろうと思ったらフッと軽くなった(泣)
『ギラン!』とシルバーボディをくねらせてお帰りになりました(+_+)
その後、T氏も合流したが何も起こらなかった。
更に移動してみましたが・・・・・・夜の部は終了。

翌朝、12月最初の釣り!
最初のポイントでサラシを中心にルアーをキャストすると足元の駆け上がりでヒット!
ランディングすると62cmのシーバス!更に続けると一回り大きなシーバスがヒットしたがランディング直前に波に揉まれてフックアウト(+_+)残念!
ポイントを移動しここからb.r君も合流した。
3人それぞれが思い入れのある場所に入るとすぐにサラシの中でT氏がヒット!残念ながらバレてしまったようで、それを見てT氏のいる方向にSOLDIER110を大遠投!(全然届かないんですが^^;;)サラシも無い場所でヒット!
これが引く引く・・・・・プレジールの代用ロッドは少し柔らかくて寄せるのが難儀なのですが何とか足元まで寄せて無事にランディングするとナイスなボディの75cm!
T氏は2ヒットさせていたがいずれもバラシ、b.r君は『軽くやって・・・・』と言いながら超ディープなウェーディング(笑)
ヒラメ1ゲットとシーバスをバラしたとのことだった。
波も落ちて来て、サラシも寂しくなって来たので諦めかけていると目の前でナブラが発生!
ワカシサイズのナブラだったようで、ベイトが小さいのか?シーバスルアーには反応が渋く、唯一b.r君が小さいルアーで1ゲットしただけ・・・・・気が付けば午後1時(笑)さすがに疲れて終了。

夜の部は寝たつもりはなかったのだが、b.r君からの電話で起こされ時計を見ると2時間ほど気を失っていたようだ(笑)
午後11時過ぎからそれぞれが別々にポイントに入った。
ひたすらSOLDIER110落ちアユをキャストし、クロダイを狙っていたら日付が変わる直前に足元でヒット!
ジャスト60cmのシーバスだった。
b.r君にゲットメールを送った直後にb.r君にもヒット!62cmをゲットだった。
2人とも1匹釣って満足して終了!車に入ると同時に風は強風に変わり雷もゴロゴロ鳴り始めた。

翌朝は強風で釣りにならず早めに諦め帰路に着いた。
朝一で釣れた62cm! 重量感のあるデップリした75cm!
密かにクロダイ狙っていたら・・・・

足元でヒットした60cm!

2007.11.23〜25  柏崎サーフ

今週も行って来ました!・・・・・しかし、実に厳しい釣行で結果はまるで「もんでぇ〜んならね」かった(笑)

金曜夜に別の場所でやっていた釣友のb.r君が68cmと55cmをゲットしただけでT氏、私とノーバイト(+_+)
完全にポイントに選択を誤ってしまいましたね(泣)
でも、釣行の過程での3人の会話の内容が可笑しくて可笑しくて・・・・・・釣りをやりながらも思い出し笑いをしていました(爆)

次週からは立て直します!

2007.11.16〜17  柏崎サーフ

金曜夜にT氏と出撃!波は予想を以上に落ちていた。「こりゃ〜厳しいな」と思ったが、そういう状況ならそれなりの攻め方がある!
T氏が先に入って様子を伺うが中途半端な波で苦戦していた。
合流して一通りポイントを探り、T氏と攻め方を相談していると「さっきワンバイトあったけど乗らなかった」と言われ少し元気が出た。
「これは超ロングキャストが勝負の鍵だね」ということになり、各々が遠投が利くルアーに交換した。
50mもルアーが飛べば楽なのだが、所詮9フィート足らずのロッドとシーバス用のラインではいくら追い風に乗せたとしても無理がある。この日ばかりはロングロッドを細いラインが欲しくなった(^^;;

「軽くて飛距離の出るルアー」ということでSOLDIER110プロトを結びロングキャストを続けた。
このルアーはほとんどローリングアクションなのだが、ルアーがある場所に通り掛ると以上に抵抗を感じる。
「来るならこの辺りだな」と思っていたら海草が引っ掛かったような感触・・・・・一応合わせを入れてみたら生命反応(汗)
『キタ〜〜!!』
久しぶりの重量感のある感触に大物の期待が・・・・・・慎重にサーフへズリ上げるとこれはいいサイズ!
「あれ?ルアーが無い??」と思ったらシーバスの口の中へ(^^;;
ルアーを頭から銜えていた。どうりで変なバイトの感触だった。
「行ったか?」と思ったけど75cmだった(笑)

今度はルアーをS‐motion85プロトアジカラーに交換し遠投を繰り返すと・・・・・やはり同じ場所でヒット!
何度もエラ洗いを繰り返す元気のいいシーバスは65cmだった
ウェーダーのブーツ両方が浸水していることに気付き、夜の部はこれで終了。
残ったT氏は38cmのクロダイをゲット!その後、もうワンヒットあったらしいが痛恨のラインブレイクだったとか・・・・

翌朝は暗い内からポイントへ入る。波は完全に落ちてしまっていた。
ここでもS‐motion85で遠投を繰り返しているとヒット!
一瞬クロダイか?と思わせるパワフルな引きだったがこれはヒラメ35cmだった。
ポイントを転々としたが朝はこれだけ(泣)

夜は荒れてきて状況が好転するかと思ったけど「もんでんならねかった」(問題にならなかった)(笑)
諦めて上がったら強風吹き荒れて来た。
もちろん朝は釣りが出来る状況ではなかったので帰路に着いた。
ランカー?と思ったけど75cm(^^;; ルアーは頭からスッポリ・・・リーダーザギザギ
2本目は65cm! いつまでも元気の良いファイトでした(^^v
朝の部はヒラメ35cm!

最初はクロダイかというくらいドラグが出ましたが・・・・

2007.11.04  柏崎サーフ

今週も金曜から出撃!金曜夜の部は軽く振って、メインである朝に備えた。

土曜朝はT氏とポイントへ!T氏にイナダがヒットしたのみだった。
私は・・・・・・次のポイントへ移動、すぐにT氏にヒット!60cmほどのシーバスだったが、ランディングしたと思ったら手袋にルアーフックが刺さりシーバスは逃げて行ったようだった(笑)ここでも私は・・・・・・(泣)
先週とは波の具合が全然違っていた。そんなに巧く行くハズないよな(^^;;
夕マズメに独りで3時間ほど粘ったが、向かい風と不安定な足場で疲れて披露困憊・・・・・PM7:00には寝ていた(笑)
夜中に起きてはみたが、風も強く雨が当たって来たのでまたしてもZZZZ

日曜朝はゆっくり起きてビックリ!「何だこのアングラーの数は・・・・」このポイントは今日の濁りでは厳しいよな!T氏も解っているようだった。前日まで釣れていたようだけどそんなに巧く行かないよ!・・・・・やっぱり予想通りだったようだね。
今日はなかなかの状況だったが波はちょっと落ち加減・・・・・・でも悪い状況ではない!
開始早々私にヒット!70cmのシーバス!続いてT氏にも67cm!
続いて私に75cm!直後再び私の明らかに一番大きいシーバスがヒット!しかしこれは手前でバレてしまう(泣)
しばらく続けたが反応が無くなったので早々と終了。カップラーメンを食べて帰路に着いた。
この日は70cm、75cmゲット! T氏も67cmゲット!

2007.10.26〜28  柏崎サーフ

金曜夜から出撃!開始したのが干潮でしかもベタベタの海面。一ヶ所目は5投ほどで退散。
シーバスの期待は薄い!と判断しクロダイ狙いに変更と同時にポイントも移動した。

クロダイポイントへ到着し、まずはS‐motionを結ぶ。風が右から吹いてきたので右目にキャストしピンポイントを狙う。
しかし、突然風が止み行ってはいけない方向へ飛んでいってしまったらしい?・・・・・痛恨の根掛かり(+_+)
これで手持ちのS-motionは全てロストしてしまった(泣)
S‐motion無しでのクロダイ狙いはかなり厳しい。仕方なく前回クロダイを釣ったSOLDIER110を結ぶが前回とは明らかに状況が違う。しかも潮もイマイチ動いていない・・・・これではダメだ。
ここも見切り別のポイントへ移動した。
スリットを丁寧に探っていると何かがヒット!しかし全く引かないので『何だ?ウミウシか?』と思ったら正体はタコだった(笑)
情けない話ではあるが『これでボウズは免れた』とちょっとだけ安心してしまった(^^;;
この日はこれで終了。翌朝はクロダイをトップで!!
ガッチリフッキングしていたのはタコでした(^^;;

これが釣れてちょっとホッとしたんだよね〜(笑)
気持ち悪くて触れなかったけど(汗)

起きたら予想通りの凪だった。雨は当たっていたがクロダイをトップで狙うには絶好のコンディションだ!
一通りポイントを探ったが全く反応は無かった。いつもは煩いくらいルアーを追いかけてくるフグさえも姿を現さない。
風は無いが段々ウネリが出て来て所々波が立ってきた。
雨も強くなってきたのでここで終了。夜の部に期待を・・・・・

暗くなってすぐに釣りを開始した。
しかし、ウネリ波と時折身体を強く打付ける雨は体力と集中力を奪って行く。
最後はT氏と合流したが全く釣れる気がしなくてここで私はギブアップ(+_+)
時計を見たら夜中の12時だった。気が付けば釣りを開始して6時間経過・・・・・・(T0T)
正直、この時点で相当落ち込んだ。『このままシーバスが釣れないかも・・・?』釣れるイメージも湧かなかった。
寝酒のビールも美味しくなかったね(^^;;

最終日の朝はTAKA君と待ち合わせポイントへ入る。
夜中に風が吹いたのか、前日のウネリ波とは違う絶好の波に変わっていた。
案の定、仕度をしていると別のポイントに入っていたb.r君がシーバスゲットとの連絡が入る。
これは期待できるかもしれない・・・・・?

開始早々、いかにも怪しげな澱みからいきなりTAKA君が60cm弱のシーバスをゲット!!
『おいおい、俺は何をやってたんだ!?』ここから気合を入れるが無情にもノーバイト(+_+)
『何とか一匹!小さくてもいいから釣りたい!』とここで前回下見しておいたポイントへ一人足を運んだ。
波の中をウェーディングし足場を確保、ここから意外な展開に・・・・・・・

風は微風で向かって来ていたが苦になるほどでもない。
目の前に広がるサラシの中へType-Nスペースアユをキャスト!数投目だった。着水した直後にヒット!!
『キタ〜!ヤッタ〜!』嬉しい一匹だ(^^)計測すると63cm!苦労した甲斐があった。
ここからまさかの3連発!サラシの中でもあるピンポイントにルアーが入るとシーバスがヒットして来るのだ。
全て着水、リーリング直後のかなり遠くでのヒットである。
サイズも66cm、70cm、73cmと段々サイズが上がって来た。
ここでTAKA君を呼びに行き、ポイントを譲る。しかし、向かい風が強まりなかなかピンポイントにルアーが届かない。
飛距離の出るルアーに交換しキャストすると絶好のピンポイントにルアーが入った!と思ったら『バシャ〜ン!』とシーバスが海面に飛び出して来た。
フッキングには至らなかったがまだまだ期待の持てる状況は続く。
しかし、直後に彼のルアーが根掛かり(^^;; システムを組んでいる間にキャストした私も根掛かり(泣)

先に再開した私のSOLDIER110にヒット!これが68cm!すぐにTAKA君に交代したが彼のベストの股ひもにルアーフックが引っ掛かってしまったらしく、なかなか取れなかったようなので私が代わりにキャストするとまたしてもヒット!
これが本日最大の77cm!
やっと取れたTAKA君、ルアーがベストポイントに入った!と思ったらやっぱりヒット!これが67cm!
これを最後に風は止み反応が無くなったので終了。

終わってみればワンポイントで何と6ゲット(63、66、70、73、68、77cm)(^0^)
全部ナイスファイトでしたよ!
これだけ通っているんだから年に一回くらいこんな日があってもいいよね!?(笑)
疲れたけど粘って正解でした(^^)
怒涛の4連発!63、66、70、73cm! Type-Nスペースアユで!!
SOLDIER110落ちアユカラー!

プラスチック重心移動ルアーを
軽くオーバードライブする絶大な飛距離!
シャローエリアのサラシの水面直下を潜行する

←が5本目68cm!

↓が6本目!この日最大77cm!
TAKA君ヒット!! 無事にランディング(^^) 67cm!

2007.10.19〜20  柏崎サーフ

土曜日は荒れる予報だったのでT氏と出撃!到着すると波は全く無く、我々が入ろうとしたポイントには何故か右から左へ強烈な風が吹いていた。このポイントは逆なら何とか釣りになるが、この風はでは・・・・・しかし、右側のサーフに目をやるとベッタリしていたのでそちらへ向かってみた。
山の陰になる場所でここは無風(汗) 仕方なくやってみたが無反応。再び戻ったが相変わらず風は強い。
ここで二手に分かれて夫々が気になるポイントへ向かう。

私が行った場所は今度は南風・・・・・・ここは最初のポイントの風なら最高なんだけど・・・・・
少しやってみたけど釣れる気がしないので少し離れたサーフへ!
開始早々「コツン」とバイトが「あれ?岩か?」と思ったらこれは魚だった(泣)
すかさず合わせたが時すでに遅し・・・・・・「パシャン」と貧弱な音とともにサヨナラ〜(T0T)
「ダメだ!もっと集中しなくては」とSOLDIER110をゆっくりとリトリーブしているとピックアップ直前にガツン!これは30cmほどのソゲだった。
カメラを取り出していると暴れて逃げていった(笑)

徐々に右へ移動しながら風を背に受けキャストして行くと、回収しようと早巻きしているルアーに向かって夜光虫がギランと光った。
「これはルアーを追いかけて来たんだ!」と再度同じコースを引くとついにヒット!やっぱり魚だった。
「バシャバシャ」とエラ洗いしたらフックアウト(泣)
この後もクロダイらしいバイトがあっただけでなにも起こらなかった。
風邪気味だったのでこの日はこれで終了。

朝の部は全体的に昨晩とは逆の風だった。
昨夜最初に入った場所に何とか入れたので風上からキャストするとすぐにヒット!これはクロダイだったがすぐにフックアウト(T0T)
しばらくやったけど段々風も強くなりここで終了!帰路に着いた。
今週はダメだったけど来週辺りからは期待が持てそうな感じがします。
その前に風邪を治さなくては・・・・・・

2007.10.12〜14  柏崎サーフ

先週の完敗から一週間、色々とイメージ、妄想しながら迎えた週末。今週こそは・・・・と気合を入れての出撃だ。
金曜の夜に1本出てくれると気分的に楽になるんだけど・・・・・結果的に今週もダメダメな金曜の夜だった。
「ヤバイ・・・・明日の朝に期待しよう」と早めに休んだ。

朝はいつもの通りクロダイトップを!・・・・・しかし、トップを引くには波が高すぎた。
仕方なくメバル用に使っていた75mmのミノーを引っ張り出しシャローに広がるサラシを攻めるとすぐにヒット!
小気味良いパワフルな引きはクロダイ37cm!ライトロッドには十分過ぎるサイズだった。
続いて同じサラシから飛び出してきたのはヒラメ38cm!
午前の部はこれで終了。夕方からはシーバス狙いだ!
サラシの中でヒットした
クロダイ37cm
ヒラメ38cm

メバル用 BAKKENミノー75o


暗くなるのを待ち、掛け上がりを丹念に攻める。
しかしヒットするのは岩と海草のみ(泣)
2時間ほど集中してやっていたがここで疲れが一気に・・・・・・足元がフラフラするところにきて重い波がドカ〜ン!
半ばヤケクソになり「チクショ〜!やめた!やめた!クロダイ狙う!」と誰も居ないサーフで雄叫びを上げた(笑)

最近「S‐motion」でばかりクロダイを釣っているので「今日はこれだ!」『SOLDIER110プロト落ちアユカラー』を結ぶ。
ウェーディングして掛け上がりの先にキャストリトリーブを繰り返す。
眠かったがココは集中して一瞬のバイトに備えた。
30分ほど経過した時、『コン!ガガ〜ン!』とついにヒット!この引きは間違いなくクロダイ!
バレないように慎重に寄せランディング成功!
サイズの割りにパワフルなファイトだった36cm!今年ルアーで釣った10匹目のクロダイだ!
『まだ居るだろう!?』と欲を出して再びキャストを開始・・・・・10分ほど経過した時だった。
またしても微妙なバイトを感じ、思い切り合わせた。
『キタ〜〜〜!!』
ドラグが一気に出て行く。この時点で50オーバーのクロダイを確信した。
『ついに50オーバーだぜ!』と心の中で呟く。
『やっぱり50オーバーの引きは違うぜ!』明らかに先ほどの36cmとはドラグの出方が違う。
あとはバレないように祈るだけ・・・・・・手前の海草に潜られないように慎重に寄せる。
手前3mで相手が水面に浮いたのでヘッドライトを点けた。
『ついにやった・・・・・あれ?』クロダイならライトに反射して魚体が光るのだ・・・・・『あれ?あれ?あれ?』

『あれ〜?これヒラメだ〜〜〜!・・・・しかもデカイし!!!』

リーダーを掴みランディング体制に入る。
しかしヒラメの口が細くなかなかグリップが口に入らない(汗)
やっと下顎を引っ掛けついにランディング。
いったん丘に上がり、その大きさにまたもやビックリ!
計測すると62cm!PM9:20頃の出来事だった。
「夜のヒラメはデカイ」とは聞いてはいたが・・・・・・・この日は冷え込んだのでこれで終了。
自己最高 ヒラメ62cm!
クロダイ36cmが小さく見える大迫力でした。

両者ともK‐project SOLDIER110プロト
落ちアユカラー

ヒラメの歯でボディに穴が・・・・・目玉取れるし(汗)

この後、入れ替わりで入った釣友のb.r君も最後の最後に43cmのクロダイをゲット!
ヒットルアーは『S‐motion』「何を投げても反応しなかったんですよ」と本人談(^0^)

翌朝、波の落ちたサーフでクロダイを狙おうとしたが波は完全に落ち切らず・・・・・ミノーを投げても反応は無かった。
一緒に入ったT氏が意地でシーバス61cmゲット!
3人ともゲットの週末となった。
T氏粘ってシーバス61cm!ギンピカボディでした b.r君 クロダイ43p!S‐motionで!

2007.09.28〜30  柏崎サーフ

現地に到着したのが金曜午後11時。大荒れの予想をしていたので『今夜はあそことあそこだな』と道中イメージを膨らませていたのだが・・・・・・到着して唖然(^^;; 波は予想以上に落ちて中途半端になってしまっていた(泣)
仕方なくポイントを大移動しサーフをラン&ガンすることにした。

とりあえず気になるポイントを2ヶ所ほど軽くまわり、最後のポイントへ到着したのが日付が変わったAM1:00。
「ここで最後にしよう」と誰もいないサーフへ降りた。
30分ほど経過「ダメだな〜」と諦めかけた時、キャストした「SOLDIER110落ちアユ」をゆっくりリーリングしていると海草に引っ掛かったような感触が・・・・・気にせずそのままリーリングするとゴツゴツと底に当たるような感じ???「何だ?」とロッドをあおると『ゴンゴンゴン』と魚の感触(^^)/
『お〜!!これは紛れも無くクロダイの感触!』しかし・・・・・・残念ながらバラしてしまった。
この日はこれで終了。

翌朝はトップでクロダイ狙い!しかし、波は残っており、トップゲームには厳しい条件だった。
潮位もかなり低くシャローエリアには入って来ないかも?と考えながらポッパーを引き倒していると何やらヒット!
フグかと思ったら推定20cmほどの『チーバス』だった(笑) 昼の釣りはここで諦め昼食後昼寝タイム。
夕方目覚めたら波がまさに「シーバス波」だったので明るい時間帯から釣りを開始した。
サラシを叩き続けると何かがヒット!これは30cmほどのソゲだった。
チーバス推定20cm ポッパーにドカン!? 結構引いたソゲ君

暗くなってから前日と同じ順番でポイントを回った。3ヶ所目、前日クロダイをバラしたポイントへ到着。
ウェーディングするが時折目の高さくらいに盛り上がった波が身体を襲う(笑)
仕方ないので立ち位置を変えS-motionで沖目を狙っていると・・・・・沖の潮の流れを感じる場所でルアーが止まった。
思い切り合わせるとドラグが滑り出す。頭を細かく振る独特の引きからクロダイを確信!『今度はバレるなよ!』と心の中で叫びながら慎重に寄せるとフックが2本入っていたので安心(^^v
45cmのクロダイだった。
直後にまたしても同じ場所でヒット!!・・・・・しかし、手前3mほどでバレてしまった(泣)
前日のリベンジ!クロダイ45cm!! 直後にもヒット・・・・・・チクショ〜(泣)

ここでT氏と合流し、別のシャローエリアでシーバスを狙う。
波が高く、尚且つ干潮直前の厳しい状況だったが、開始早々T氏が怪しい動きを・・・・・『デカイデカイ!』スリムだったが78cm!のシーバスだった。
しばらくやってダメだったのでb.r君のいるサーフへ移動。b.r君が59cmをゲット!T氏も56cm!
私ときたら開始直後に大波を喰らってヘッケて(イジケて)泡酒を飲んでいた(笑)
最後にb.r君がバラシて終了。
T氏会心のちょっとスリムな78cm!

いつもの?2cm足らず(笑)

3日目は朝から久々登場!新婚ホヤホヤのTAKA君が合流。二人でサーフでクロダイ狙い!
開始早々にTAKA君のペンシルが吸い込まれたがフッキングせず(残念)
移動しようと車に戻ったが、気になる場所が目に付いた。
「あそこでやってから移動しようぜ」と再びサーフへ降りた。
私がルアーを結び変えている隣でTAKA君が何気にキャストした1投目だった。
『来ました〜!』目をやるとロッドは満月(^^) 昨年からトップで何匹も出していた彼だが尽くバラしていた。
ここは慎重にやり取りし無事サーフへズリ上げた。
見事!47cmのクロダイだ!

まだ粘れば出そうだったが、所用で帰らなくてはならずここで納竿した。
マリア ポップクィーン オリジナルフックに! ついにやったね!奥様にヨロピク(^^)

2007.09.21〜22  柏崎サーフ

金曜日夜から出撃!この夜は無風、凪の厳しい条件と解ってはいたが、一通りポイントを巡って何事もなく終了でした。

土曜日の朝からはb.r君とクロダイをトップで狙ってみた。
それぞれ分かれて探っていると、何か声が聞こえたような・・・・・・「気のせいか?」と離れてやっていたb.r君の方に目をやるとまさにファイト中だった(^^;;
直後にバレてしまったようだが、その後も2度ほどトップに出たようだが・・・・・・。

こちらの方も2回チェイスがあった。2回目に『ガツン!』と当たったがフッキングせず(+_+)
波紋の大きさからすると小さかったかも?(^^;;

午後から風が強くなりとても釣りは続けられず車中でZZZ
目が覚めると風は弱まり波も残っていた。
『これはチャンス!』とばかり暗くなった直後ポイントに入る。

開始してすぐに手前の掛け上がりで『コツン!・・・・グングン』とこの掛け上がり独特のバイトでヒット!
手前に寄せてくるとフックが外れそう(汗)予想通り次の波でもまれてフックアウト(T0T)
気を取り直してキャストを続けると遠くのサラシでヒット!これも寄せる途中でバレてしまう。
沈黙が続き、少し深い場所にS‐motionを沈め、リーリング開始直後にヒット!!
これは何とかキャッチして計測すると58cmだった。

b.r君も少し離れた場所で2ヒットさせていたがいずれもバラしてしまったとのことだ。
2人で彷徨い、最終的にb.r君は56cmをゲット!
この日はこれで満足し終了でした。
2バラシの後ようやくランディングした

58cm!S‐motionで!

2007.09.14〜15  柏崎サーフ

金曜夜、仕事を終わらせてから出発!T氏はアオリ狙いとのことだったが、こちらは最初からシーバス狙いでそれぞれ別々のポイントへ入る。この夜も風が無く実に蒸し暑い。1時間ほどやって飲み物を忘れたことに気が付いた。
車に戻ると暗闇から人影が・・・・・何とT氏だった。
狙ったポイントに入ろうと思ったら首まで水没したらしく、ずぶ濡れになったのでシーバス狙いに変更!とのことだった(笑)

2人で先週入ったポイントへ移動、段々と風が出てきて少ないながらも波立ってきた。
案の定、少し移動したT氏は一投目でクロダイがヒットしたが10m手前まで寄せたところでバレてしまったとのことだ。
その後、ウェーディングして駆け上がりを狙っていた私にヒット!これはシーバスだったがランディング直前にバレてしまった。
先週はチラホラ見えたサヨリもこの日は全く見えず、この後も粘ったが・・・・・・

翌日(15日)、暑くて目が覚めた。「夜まで何をしていようか?」とまだ小さいアオリを狙うのも気が乗らなかったので久しぶりに「クロダイトップゲーム」をやろうと仕度を始めた。
しかし、この日は暑い暑い(汗)とてもウェーダーを履く気にはならない(^^;; そこで「短パン&サンダル」という非常にヤル気の無い格好で釣りを開始した。
1時間ほどすると夜勤明けのb.r君が様子を見に来た。30分ほどダベった後に再度キャストを始める。
風に乗せてキャストしたポッパーが複雑に形成されているリーフの駆け上がりに来た時だった。
何気にポッパーから目を離した瞬間だった。
「ガボッ!」という音がしたのでルアーの方に目をやると、ルアーの後方に大きな波紋が残っていた。
直後に再び「ガボッ!」『あ”〜クロダイだ〜!』2回目もヒットせず・・・・・しかしクロダイは三度背鰭を出してルアーを追走していた。
ここでポッピングせずスローでリトリーブすると「グツン」という衝撃とともに鳴り響くドラグ音!
『キタ〜〜〜〜〜!』
水深50cmほどの場所でのヒットだったので、横に突っ走っていくクロダイをロッドを溜めて引き寄せる。
無事に上がってきた魚体は堂々の『46cm!』・・・・・昨年の同日もポイントは違うがトップでクロダイをゲットしている。
今後も条件が合えばこの釣りを続けようと思う。

問題の夜の部はワンバイトも無く終了(+_+)
やはり厳しい9月の夜でした。
46cm!水面を割る瞬間は興奮しますね♪ アンレーズ「T.T.Popper」

2007.09.08  柏崎サーフ

台風の影響から大荒れを予想していたが予想に反し、柏崎に到着してみるとかなり波は落ちていた。
しかし、ウネリはかなり残っておりポイントを絞り込むのが難しい状況だった。
釣友のT氏に連絡してみるとT氏もすでに柏崎に来ているとのこと!やはり考えることは同じで、あるポイントへ入ろうとマズメを待っていたとのこと。早速合流、さらにb.r君も合流し3人でマズメを同じポイントへ入ることになった。

少し明るい時間からポイントへ!3人がそれぞれ思い入れのあるポジションを取りキャスト開始!私が入った場所は逆光で見えなかったのだがだいぶ泥濁りが入っていた。個人的には許せる範囲の濁りではなかったのですぐにポジションを変え、濁りの薄い場所に向かってキャストを再開すると暗くなる直前に何かがヒット!Type−Nにヒットしたのはジャスト30cmのヒラメだった。

完全に暗くなった直後、遠投したSOLDIERアルミチャートにワンバイトあった。明らかにシーバスとは違う感触・・・・そう!あの魚である(笑)近くでやっていたT氏も同じバイトを感じていたようだ。
キャストを続けていると手前10mで根掛かり(泣)手持ちのSOLDIERで使えるのはこれ1本しか持っていない(汗)何とか取れないものか?と時折来る波をかわしながらスリ足でゆっくり前に出てみるとウェーディングすれば案外波は気にならないことがわかった。
片腕をずぶ濡れにしながら何とか回収に成功!(^^)
ここからルアーを「SOLDIER110プロト」に交換し沖で弾ける波に向かってキャスト!数投目でついにヒット!60cmのシーバスだ。
1本釣って気持ちが楽になり、最初のバイトの魚が気になりだした(^^;;
そこでS‐motionペイントアユをキャストするとすぐにバイトバイト!・・・・・しかし上手くフッキングしない(+_+)
ここからまたしても沈黙が続く。
再びSOLDIER110をキャストすると今度はヒット!しかしこれはシーバスだった(55cm)

まだ釣っていない2人にポイントを譲りしばらく休憩して見ていたが・・・・・・・沈黙が続いた。
諦めて上がってきたので「じゃ〜あの魚狙ってみるわ!」とS‐motionを結びキャストした一投目だった。
5カウントダウンからゆっくりリーリングを開始した直後に「ゴンゴン」とヒット!トルクのある引きにあの魚を確信!「これはデカイ!」上がってきたのは堂々の46cmクロダイだった(^^v

昨夜はまさしく「k‐renデー」でした(笑)
昨夜の波で10m以上ウェーディング出来るポイントがある・・・・・これだから柏崎は面白い!
暗くなる直前にヒットしたヒラメ
ジャスト30cmでした
SOLDIER110プロトにヒット! 1本目 シーバス60cm!
2本目は55cm!
またしてもSOLDIER110

カラーはパールチャート
最後は度々ルアーにチョッカイを出して来たクロダイ46cm! S‐motionペイントアユで!

2007.09.01  柏崎サーフ他

最近パッとしないホームのポイントに少し飽きてきたことから少し足を伸ばし、明るい時間から別のポイントを見て回った。
まだ行ったことのないメジャーなポイントや過去にやったことはあるけど実績の無いポイント・・・・自分なりに色々と分析(妄想)しながらあちこち回って見てました。

マズメは勝手知ったるポイントに入ることに・・・・・加ト吉君が到着するまでの間2時間程度ウェーディングしましたが全然ダメ(+_+)
思い切って別のサーフへ移動し再度水に浸かる。
開始早々目の前で凄まじいボラのライズ?「これは何かあるのでは?」と思ったけど時折感じるのはボラがラインに当たる感触だけで・・・・・この大量のボラの中にシーバスも混じっているかも?と粘ってみましたがバイトも無く時間は過ぎて行きました。
ここで別の場所でやっていたb.r君からメールが・・・・「デカイのバラしました」「60cmゲット!」との連続メールが・・・・・・これで気合が入らない訳が無い(笑)

少し離れた場所の外灯が当たっているエリアが目に付き、一人でそこへ行きキャストを繰り返していた。
やはりここはサヨリの姿も多く、何となく期待が良さそうな感じ・・・・・灯りが当たっていないエリアにキャスト、SOLDIERアルミチャートをゆっくりとリーリングしルアーが灯りの当たるエリアに差し掛かった瞬間「グツン」とルアーが止まった。
すかさずエラ洗いを確認し一安心(^^) 61cmのシーバスだ。

SOLDIERアルミチャート

シーバス61cm!

2007.08.18  柏崎サーフ

ここのところ2連敗(^^;; 「今回こそは!」と気合を入れる。T氏、加ト吉君と3人で第一ポイントへ入るが何も起きなかった。
すぐに見切りをつけ、納得できないT氏を残し次のポイントへ向かった。
中途半端な波でディープなウェーディングが無理な状況。ここは遠投して遠目を探る。こんな時『S‐motion』はそれを可能にしてくれる。
すかさず加ト吉君が35cmのクロダイを引きずり出した。
次はオイラの番!とキャストしてリーリング開始直後に「ガツン!」とヒット!!ヤッタ〜!最初は引いたけどスンナリと上がってきたのは38cmのクロダイだった。
同じ場所でしばらく粘ったが反応が無くなり次のポイントへ!
S‐motionを引き倒したが反応が無いので目の前でピシャピシャと跳ねていたサヨリをイメージして『SOLDIER』を投入、表層をスローでリーリングすると2投目で「グツン!」とルアーが止まった。
思い切って合わせをくれてやると「ガシャガシャ」とエラ荒い!「ヤッタ〜!シーバスだ!」小さい45cmだったが狙い通りのシーバスに満足満足(^^)

ちなみに釣友のb.r君は70cmを近くでゲットしていました。さすが・・・・
狙って釣れるS‐motionの実力をまざまざと! クロダイ38cm
小さいけど嬉しい一匹
SOLDIERのテロテロ引きで!
シーバス45cm

2007.08.11  柏崎サーフ

午後3時に入れた仕事が終わり、そのままサーフへ直行し暗くなるのをジッと待つ。
干潮1時間前からポイントに入るが、S-motionから潮の流れは感じない。同行のT氏、加ト吉君、b.r君にもアタリ無し。
例年のお盆休みは非常に厳しいのが過去にデータ!やはり今年も・・・・・・

こういう時は体力の続く限り「ラン&ガン」するしかない。
日付が変わった頃、私と加ト吉君は「最後に・・・」と数百メートル歩いてポイントに到着。
S-motionをキャストすると他の場所では無かった潮の流れをS-motionが捉えた!
「ここはいいぞ!」加ト吉君もそれを感じていたようだ。
数投目、キャストしたS-motionが止まった。
『キタ〜〜!』ここまで数時間、頭から足の先まで汗でビッショリになってロッドを振っていたが、その頑張りが報われた瞬間だ。
これだから釣りはやめられない(^^)
大きくはないが、この状況では十分満足の行くシーバス62cmだった。

この後、隣の加ト吉君も推定40cmをヒットさせたが足元で・・・・・・
歩き過ぎて膝が痛くなりました(笑)
釣れて良かった!

2007.08.03  柏崎サーフ

今回の釣行は本来であれば土曜夜の予定だったが、台風5号の接近から一日繰り上げての釣行となった。
野球の抽選会後に自宅を出発し到着したのが9時過ぎだった。
先にポイントへ入っていたT氏、b.r君に状況を聞くと反応は無いとのこと。
今回は滞っていたルアーのテストということもあったのでそちらに集中することに・・・・到着してリーダーを組んでいるとb.r君からメールが来た。「52cm釣れました!」彼も久しぶりのシーバスに大変喜んでいた。
乗り遅れては・・・・と急いで仕度を終わらせドラグ設定もそこそこにウェーディングを開始した。
「いかん!西風が強くなってきた。早く投げなくては・・・」とキャストした一投目だった。
西風にラインが流され、スラッグを取りルアーが泳ぎ始めた直後、「ジージー!」とドラグが・・・・・「ん?何だ?」「あぁ〜キタ〜!」何といきなりのヒットだった。
ゆるゆるのドラグを締め、シーバスを寄せて無事ランディング!久しぶりのシーバスは55cmだった。

次は隣に入ったT氏にヒット!これはズリ上げ直前にフックアウト(残念)今度は私の遠投したS‐motionペイントアユにヒット!重量感は無いが元気の良い45cm!直後にまたしてもT氏にヒット!これはなかなかのサイズだったようだがまたしてもバラしてしまう。
うなだれていたT氏だったが、この後60cmをゲット!・・・・ここから潮止まりで反応は無くなり、しばらく休んで釣り談義の後、上げ潮に入って再開したが雨風共に強くなったので2時間ほどの釣行だったがここで終了とした。

地震でポイントの地形が変わったかは波が出てきて把握できなかったが、海の中の魚たちはいつものように元気だった。
帰りに被災した家屋の状況が目に入った。前回我々の方で起きた地震でも復興には2年以上掛かった。
まだまだ先は長いですが、一日も早い復旧を願っております。
まさかの一投目で55cm! スゲ〜遠くでヒットした45cm

07.07.15  柏崎サーフ

台風も予想進路が変わり、釣りには影響の無いことから再度加ト吉君と出撃!前夜と同じ、干潮から上げに変わる時間帯からポイントに入った。
波は前夜とほとんど同じだったが、違ったのは潮位だった。「干潮なのに・・・・?」と疑うくらい潮位は高く、前夜に比べたらウェーディングできたのは半分以下。当然ながら前夜ヒットしていたポイントへルアーは届かない状況。案の定、何も反応はなかった。
かなり歩いてポイントを移動した直後、S−motionにドズン!上がってきたのはシーバス63cmでした。
S−motionペイントアユに食いついてきたのは
シーバス63cmでした!

07.07.14  柏崎サーフ

台風が接近しているので相棒の加ト吉君と柏崎で待ち合わせ!先に到着した私が様子見で干潮直前を探ってみたが潮が動いている様子も無く前半を終了。
上げ潮から二人で大好きなディープウェーディングを開始すると前半とは潮の動きが全く違い、いい感じで潮が流れている。
キャスト開始5投目、キャストリーリングしていたS-motionが突然止まった。『根掛かり?』と思ったら『グングン』と魚の感触が・・・・『キタ〜!』トルクのある引きにクロダイを確信しランディングすると41cm!
その直後、さらに大物と思われるクロダイがヒットするも途中でバレてしまう(泣)

次は隣にいる加ト吉君『来ました!けど、あんまり大きくないみたいです』と上がってきたのは35cmほどのクロダイだ。残念ながら足元でフックが外れてしまいオートリリース。
気を取り直してキャストしたら連続ヒット!『これはいいサイズッス!!』と次は43cm!
最後は私にリーリング開始直後にヒットしたシーバス56cm!

この後も小さいクロダイらしいバイトが何度かあったがすべてフッキングせず時合は終了した。
開始直後のクロダイ41cm 加ト吉君の43cm
一ヶ月振りのシーバス56cm!かなり遠くでヒットしたので楽しめました(^^)

2007.06.16  柏崎サーフ

久しぶりに『シーバス釣りたい!』と思った。本来なら金曜日から出撃!のハズ!?・・・・朝から体調悪く、昨年までなら絶対行っていたくらいのレベルだったけど・・・・・・歳を取ったから?(^^;;先週のテトラから転落したのも効いてます(笑)
土曜夕マズメからポイントへ入った。予想に反して非常に肌寒い風が吹いていた。これが後から効いてきたんだよね〜

ひたすらType-Nをキャスしていると暗くなる直前にヒット!!直後から強烈なエラ洗い!久しぶりのシーバスなので慎重に寄せてくる。サイズは60cmくらいと思うけど手前に根があるので・・・と考えていたらその脇でまたしてもエラ洗い!次の瞬間「フッ」と軽くなっちゃった(T_T)
その後は沈黙・・・・・・いつものパターンだね(^^;;

次は加ト吉君と合流し少しウェーディングしてみた。冷たい風と共にまだ海水も冷たいダブルパンチ・・・・・いや!中途半端な波が下半身を遅うトリプルパンチだった。満点の星空なのに、上着もベストもガシャガシャに濡れてしまった。
潮が上げて少しすると幾分波が落ちたような(本当は気がしただけだった)思い切って三歩ほど前に出て、伝家の宝刀『S-motion』をひたすらキャストし続けた。
数投目、リーリングを開始した直後についにヒット!今度はガッツリ食っている手応えだ。マズメの魚と同じくかなりエラ洗いされたが無事にランディング・・・・・・ジャスト60cmナイスな魚体だ。
再開後、隣の加ト吉君にヒット!・・・・・しかしすぐにバレてしまった。
最後に合流したb.r君と三人で大きくポイントを歩いて移動した。再開直後またしても加ト吉君ヒット!でもお決まりの「あぁ〜バレタ〜」との雄叫びにビックリした犬が吠えてました(笑)
最初はガッツリ食っていたのに段々・・・・・ ジャスト60cm!サイズの割に引きました

2007.06.01〜02  柏崎

1日から4日まで有給休暇を取って「最後のメバル狙い」と張り切っていたのですが・・・・・・
2週間ほど予定外の風でまともな釣りが出来ていなかったのだが、久しぶりに風を気にせず釣りができるぞ〜!と思って気合いを入れての釣行でした。
例年ならこの季節は完全シーバスモードなのですが、今年はイマイチ「メバル」に納得出来ていなかったので「最後に・・・・」と狙いを定めてポイントへ入った。

冬から通ったメバルポイントもそろそろ飽きてきたので新規のポイントをあえて選んだ。しかし、千切れた海藻が目の前を漂う厳しい出だしでメバルもいるのは解ったが実に渋い反応だった。マズメには浮いてくるハズのメバルもこの日は上のレンジには顔を出さずじまい(^^;;
真夜中に場所を変え、深いレンジをウトウトしながら探っていると「ガツン」と・・・・・目が覚めました(笑)
小さいながらも久しぶりのメバルをハンドメで!!

別のポイントでシーバス狙いのT氏が64cmのシーバスをゲット!との連絡が来たので合流したがすぐにカラータイマーがピコピコで終了〜(^^;;
完全にポイント選択のミスだった週末でした(泣)
もうちょっとやってみようかな〜?
あまり大きくなかったけど久しぶりメバル君 T氏のシーバス64cm!・・・・内出血?

2007.05.02.〜05  毎年恒例GW遠征釣行

GW後半、楽しみにしていた遠征に出発!天候はイマイチだったが期待を胸に県北の漁港を目指した。
今年は初めて相棒の加ト吉君と一緒に出発し、2日夕方から釣りを開始することにした。

『遠征一日目』
あいにく西からの風が強く、雨も降っていたので風裏となる隣の漁港で釣りをスタートすることになった。ここではアオリイカ釣りをやったことはあるが、メバルは初めて!数人のメバルアングラーもいたので何とかなるかな?と・・・・・しかし、色々と漁港内を回ってみたがメバルの反応は無し。
「やっぱり勝手が判る場所に行こう」とメインのポイントに引き返した。到着して一投目で24cm程のメバルをゲット!しかし、その後が続かず(+_+)更に数年前にはチビメバルを爆った場所ではチビメバルも活性はすこぶる悪く、極小ミノーを深く沈め超スローリトリーブでないとヒットしないという状況だった。
釣り可能な場所を一通り探り遠征初日の釣りは終了。

『遠征二日目』
天候は回復したものの、相変わらず風は強く波は高かった。午前中は車を走らせ隣県の山形県酒田市内まで加ト吉君の新車でドライブ!風が止むのを待ったのだが・・・・・夕マズメを迎えると風は弱まり、波も段々落ちてきたがメインのポイントにはまだまだ無理なのでウネリが残る中で第二有望ポイントで開始した。
暗くなってきたが渋くてもマズメには一瞬活性が上がる独特のバイトさえも全く感じない。この時点で先行きの不安も感じたのだが・・・・真っ暗になってもワンバイトも無く、ここは見切って第三有望ポイントへ移動することにした。
何とか波を被らない場所を見つけ釣りを開始、表層から徐々にレンジを下げ探っているとカウントダウン20からの5cmミノー超スローリトリーブで藻の中に着いているメバルの反応を確認できた。
このパターンで何とか3匹のメバルを釣り上げたのだが、サイズは22〜3cmといったところ!バイトはあるがなかなかヒットしない我慢の釣りが続いた。加ト吉君に至っては、このパターンをなかなか掴めずワンバイトも無い状態だ。
ここで大きな決断を迫られた。「明日も風が強い予報!このままここにいて満足行く釣りが出来ないだろう」ということになり、思い切ってポイントを大移動することにした。
そこは柏崎!我々のホームである。せっかくの連休だ!ストレス無く釣りが出来る場所へ行こう!すぐに移動を開始、二時間半ほどで最近好調な柏崎某ポイントへ到着した。
吉と出るか凶と出るか・・・・早速釣りを開始!波はあるが釣友b.r君からの情報で「反応は渋いけどメバルはいますよ」という言葉通り一投目からバイト!やはりなかなかヒットしないし、ヒットしてもここはなかなか捕れないポイントでもある(^^;;
ヒットはするが途中でバレるという状況が一時間ほど続いただろうか?飛距離の出る9cmクラスのフローティングミノーを遠投して遠目を探っているとついにヒット!「よっしゃ〜!これはデカイぞ!」と慎重にやり取りしていたが、メバルがヒットしても出ないくらいのドラグが凄い勢いで出ていく。「あれ?スレかな?」しかし小刻みに頭を振る感触からある魚を思いついた。
「もしかすると・・・・」足元にズリ上げてみるとやはりクロダイ!計測すると39cmだった。
メバルタックルにクロダイはファイトを楽しむには十分すぎる。我々は普通のメバルタックルよりかなりオーバータックルで臨んでいるがそれでもこのサイズのクロダイはシーバスロッドでも楽しめるサイズ!ポイント手前で粘っていた加ト吉君を呼びに行き、「ここでやってみな」と立ち位置を指示して釣ったクロダイをストリンガーに繋いでいると「うぉ〜キタ〜〜〜!」と加ト吉君は叫んだ。
私と同じロッドを使っている彼だが、その曲がり方は半端ではない。それにドラグが唸りを上げていた。
「これも多分クロダイですよ!」5cmミノー、しかもメバル用極細フックが装着してあるミノーだ。フックを伸ばされないように慎重にやり取りを・・・・・やっと弱って姿を見せたのは紛れもなくクロダイ!慎重にランディングすると何と43cm!ここでやっと遠征?釣行が大盛り上がりした(^0^)
「もしかしてまだ居たりして!?」と入れ替わりに私が6.5cmのミノーをキャストした二投目だった。ヒット直後のトルクのある引きは紛れもなくクロダイ!加ト吉君のには見劣りするが37cmのクロダイだ!「メバルを釣りにきたのに・・・・」と複雑な心境(笑)
その後、メバルの反応はあるのだがなかなかフッキングせずヒットしてもバレてしまいメバルの活性はイマイチ。クロダイの時合いも月が真上に来た頃には終了したみたい・・・・・移動の疲れもあり二日目はここで終了。
最初に釣れた39cm!ここから・・・・・ 加ト吉君ゲット直後、二匹目の37cm!
加ト吉君の43cm!ドラグが唸りました 大移動した後の結果は・・・・・

『遠征三日目』
この日は午前中は風呂に入ったり飯を食ったり昼寝をしたり(^^;;夕マズメは昨夜とは違う別のポイントへ!
暗くなる時合いには予想通りのバイトが・・・・・しかし、23cmを一匹ゲットしただけで時合いが終了すると反応は相変わらず渋く、今週のメバルはどこも活性が低いことを実感する。
ここはすぐに見切って移動、次も午後から吹いた南西の風が影響したのかウネリ波の影響から20cm程のサイズが数匹釣れたのみ。ここもダメ(+_+)次は・・・・・当然前日のクロダイポイントへ(笑)
「そんなに巧く行く訳ないよ」と思っていたが、開始早々に私にヒット!これが36cm!ほぼ同時くらいにここから合流し、少し離れた場所でやっていたb.r君が42cm!T氏を交え談笑していると前日と同じ場所で粘っていた加ト吉君が37cmをぶら下げて来た。
「何だこりゃ???」この後はさすがに時合いが終わったらしくT氏とb.r君のメバル数匹で反応が無くなり終了。
毎年恒例の遠征釣行も同時に終了した。

終わってみればメバルは期待通りとは行かなかったが、クロダイのトルクのある引きを堪能出来た「記憶に残る遠征」だったと思う。
二日間でクロダイ6枚とは出来過ぎだ(^^)
この時期、クロダイというと糸魚川のホタルイカパターンが有名であるが、柏崎のポテンシャルもなかなかのものですね!
加ト吉君の37cm ショートバイトをやっと・・・・
二日目とは別の魚です!
二日で6枚(^0^)

一番上がb.r君の42cmです。

みんな同じような画像でしたね(^^;;

宛が外れて余裕も無く、全然画像撮ってませんでした

2007.04.27〜28  柏崎

GW前半は柏崎で!いつものようにT氏といつものポイントへ・・・・・しかし、思った以上に波が高く、ウネリも残っていた。
ベストポイントへは怖くて近付けないほどだった。波の関係ない場所にチョイ投げしたら一投目でヒット!しかしすぐにバレてしまう。
その後、反応があるものの連続ではない。しばらくすると別の場所からb.r君のヨダレが出そうなメールが・・・・・とりあえず、可能性のある場所へ移動したがまたしてもメールが・・・・・(笑)
どうにもこうにもならないのでそちらへ向かうことに・・・・・メバル尺オーバーゲット!余裕の笑顔で我々を出迎えてくれた(笑)
見事な魚体、堂々の31cmだった。その他にも27cm、やソイをゲットしていた。
所用で一旦帰宅するとのことで入れ替わりにポイントへ入る。しかし、この場所は非常に難しい!ヒットさせたとしても獲れるかどうかは運次第・・・・・案の定、二人でヒットさせるがバラシまくり(+_+)それでも何とか最大27cmを筆頭に3匹くらいは・・・・
潮止まりから下げに入ると反応は渋くなり、釣りそのもの自体が厳しい?状況になったのでここで終了。

二日目はやはりこの場所で開始するが、干潮から上げに入るとポツリポツリと反応はあるのだがイマイチサイズが上がらない。
海面はベッタリして透明度抜群!昨日と状況は一変してしまい大型は警戒してなかなか出て来ないようだ。
ここで3匹ほどキャッチしたが、この場所は釣れることは良いが実にストレスが溜まるポイントなので気持ちよく釣りが出来る、前日最初に入ったポイントへ移動することにした。
移動後、数投目に22cm程のメバルをゲット!しかし後が続かない。しばらくするとT氏が釣ったようだ。行ってみると「アジだよ!」なかなかの32cmだった。ここからは「アジゲ〜」に(笑)でもT氏が2匹釣ったら釣れなくなっちゃった(^^;;
前日の疲れもあり、状況が好転することは無いと判断し、早めに終了した。
b.r君の上が31cm!下の27cmが小さく見えます 二日目は25cmくらいのしか・・・でもキャッチするのが一苦労
二日目移動後すぐに・・・・でも後が続かず(+_+) 途中からアジゲ〜に?大きい方が32cm

2007.04.20〜21  柏崎

土日は雨模様の予報だったので、T氏と金曜夜から出撃!一カ所目は不発(T_T)二カ所目からb.r君が合流したが、実に苦しい展開だった。そんな中でb.rと談笑しているとT氏が怪しい動きを・・・・・行ってみると「ついに尺が来た〜!と思ったらクロダイだったよ〜」と複雑な心境を語っていた(笑)
計測すると35cmの色も形も抜群の魚体!ちなみにタックルはトラウトロッドにルアーは私がプレゼントしたK-projectメバルハンター6cmアユカラー!フックはトラウト用♯10でした(^^;;しっかり貫通すればちゃんと極細フックでも獲れるんですね〜
これで残る二人がクロダイ狙いになったのは言うまでもない(笑)
メバルもいくら激渋でもゴムは使わないのが我々の拘り!あくまでもミノーで!そして粘っていたb.r君がついにメバル2ゲット!
まだメバルプラッキングを始めたばかりなのに・・・・やっぱりセンスありますね!何をやらせてもソツがないです(^_-)
この日はここで力尽きた。

土曜日は夕マズメのメバルが浮く時間帯から開始。暗くなってくるに順いメバル独特のバイトが始まった。
しかし、この日の活性を物語るようになかなかヒットしない。集中してリトリーブを繰り返すとやっとヒット!しかしこれはバレてしまう。
そしてまたしてもヒット!これが25cm。続けて同サイズをキャッチしたがこの後はピクリとも言わなくなる(-_-)
T氏も同サイズを一匹ゲットしていた。夕マズメの時合の反応からしてこの日の活性もかなり低い様子。仕方ないのでルアーを沈め、ボトム付近をジックリ攻めると頻繁にショートバイトはあるのだが・・・・・・ここでポイントを見切り移動する。
次はT氏クロダイポイントへ!ここからb.r君合流。
またしても彼はまたしてもジックリ粘り27cmのメバルをゲットする。我々二人は連ちゃんから疲れが出てしまい集中力が低下(^^;;
歳を考えなくては・・・・・
T氏会心の35cmクロダイ! マズメの時合に乗り遅れないように・・・・
またしても25cmゲット!でもこれで・・・・・ b.r君渋い中でもキッチリ27cm!

2007.04.13  柏崎

土曜日は荒れる予報だったのでT氏と出撃!まずは今までメバル狙いで行ったことのないポイントへ入る。
「う〜ん、シーバスも良さそう」という感じのポイントだった。いきなり二投目表層でヒット!目測で26cm程度だろうか?やっぱり居た!と気合いが入るが・・・・・・同行のT氏にもショートバイトはあったらしいが沈黙が続く。
一通り探りを入れてみたが、さっき釣れたのは夕マズメの活性が高いヤツの残りだったのかな?ここはまた今度ジックリ攻めてみよう!ということになり先週まで通っていたポイントへ向かう。

いつものパターンで開始するが、やはり反応は無くこの日の活性の低さを物語っていた。
少し沈めてスローリトリーブしていたらメバルの反応とは違う感触が・・・・・ロッドは満月、「これは・・・・」と期待したら正体はソイでした。
それにしてもデカイ!計測すると35cm・・・・・「これがメバルだったら・・・・」
ここから風が変わり暴風に・・・・・・終了でした。
さすがにこのサイズになると迫力ありますね。
35cm!6cmルアーを丸呑みでした。


2007.04.06〜07  柏崎

メバル釣りには共同作業が大切!と、いつものT氏に加え釣友のb.r君を誘い3人でメバルの居着く場所を探す。
一カ所目、先にポイントへ入った私とT氏は何とか22cm程度を一匹づつゲットできたのだが、b.r君到着後は沈黙。じゃ〜次へ!と移動し「一級ポイント」と我々が呼んでいる場所、今年に入り30cmに近いメバルを数匹ゲットしている場所にb.r君を立たせ、我々二人は新たな居着きポイントを探す!といった戦略を実行した。
しかし、この日夕方吹いた西風による風波が幾分残ってはいたが、ほぼ凪の状態。潮が大きく動くとか、余程の状況の変化が無い限り期待薄の予感・・・・・思った通り一級ポイントですら全く反応が無かった。
状況を打開しようと体力の続く限り歩き続け、一カ所潮が当り、払い出している場所でネチネチと持ち合わせている攻略の限りを試そうと決め、沖に見える根の脇を狙ってひたすらルアーをキャストした。
数投目、根裏にキャストカーブフォールさせているとついにヒット!これが27cm!入れ替わって入ったT氏が足元で23cmを!
b.r君はさらに離れた場所で22cmをゲット!
北東の風が吹き始めると、ここから今までの苦労が報われるかのごとく怒濤のバイトラッシュ!しかも全てフローティングレンジでのヒットである。
翌日のことを考え、ここで終了とした。終わってみれば21cm〜29cmを3人で30匹以上!居着く場所さえ判ればこんなもんだ。

翌日は暗くなるのを待ち、T氏、加ト吉君と同じポイントに!開始早々T氏の固いロッドが満月に!今までに無いファイトは『尺オーバー』の期待が・・・・・「あ”〜」という叫びと共にロッドが真っ直ぐに「バレた〜!」とルアーを回収してみるとフックが折られていた。
「デカかったよ〜〜〜」
私が同じ場所にキャストするとワンキャストワンバイト!しかし、その全てをバラしてしまう(泣)
毎回のようにバイトはあるのだが、前日とは違いなかなかフッキングしない。
時間が経過すると共にバイトすらなくなってきた・・・・・・3人で5匹、私だけはサザエが一個(爆)
同じ場所でも日によってこれだけ違うんだということだね(^^;;
時間とかレンジとか・・・・・・そんなに単純なことではないね
初日、3人で30匹以上!その一部です(後はリリース) なかなかフッキングしない中で・・・・

2007.03.31  柏崎

加ト吉君と夕マズメから開始予定だったが、直前に雨と雷で出鼻をくじかれる。1時間ほど待機してから出撃!最初のポイントでは加ト吉君が23cmほどを一匹ゲット!私は小振りのサイズが表層でヒットするが思わず大合わせを入れてしまいフックアウト(^^;;
ウネリを伴ってなかなか攻めづらい展開にポイントを移動することに・・・・・・。

次のポイントでは最初から表層を狙ってみるとキャスト毎にバイトを感じるがなかなかヒットに持ち込めない。続けているとバイトさえも感じなくなってしまった。
「もう少し遠くへ着水させなきゃ」と風に乗せ、ルアーをフルキャスト!着水、フォールでゴンゴン!とやっとヒットしたメバルは26cmだった。
加ト吉君は別の深い場所で同じく26cmをゲットしていた。その場所で23cmを追加し、波が高くなってきたので終了。
かなり遠くでヒットした26cm! こちらは23cm!
私のメバルルアーの一部です。
全部6cmですが、ウエイトの入れ具合を
試行錯誤しているので全部同じサイズなんです(^^;;

ゲーム性の高いプラッキングは本当に
面白いです(^^)

2007.03.20 23〜24  柏崎

3月20日、週半ばの休みにも出撃!結果は30アップのクロソイだけでした。
波が高くて狙ったポイントに入れず・・・・・・残念(T_T)
23日金曜日は満を持してT氏と釣行。まずは大型の出るポイントへ直行!T氏がベストポジションでデカイ!!29cmをゲット!フォール中にヒットして横に走ったとのこと。交代した私にもフォールでヒットしたがバレてしまう(泣)
ここはこれで終了。ポイントを移動した。

次のポイントではいきなり一投目でダブルヒット!!サイズは小さいが、この日の爆釣を予感!?・・・・・しかしこれで終わっちゃった(泣)立ち位置やレンジを変えたりしたが、時折ヒットするもののフッキングには至らない苦しい展開に!やっと釣れたのは22cm程度だった。
この日は色々なパターンでのバイトに迷いが生じ、イマイチ攻略法を掴みきれない状況だった。
最後に行ったポイントでT氏がかろうじて26cmをゲット!ここで力尽きた。
T氏会心の29cm!このサイズになると顔つきも違う やっとヒットした22cm

土曜日は前日一番反応があったポイントへ!しかし、マズメにも反応は無い。
T氏とポイントを彷徨いながらこの日のパターンを探る。
あまりの反応の無さに、思い切ってレンジとリーリングパターンを変え浅い場所での遠投表層狙いに切り替えたところ一発で食ってきた。
パワフルなファイトで上がってきたのは26.5cmのメバル。その後、T氏も同じパターンで同サイズをゲット!これもかなりのファイトだったとのことだ(^^)この後も同じパターンでややサイズダウンの20cm程度を2連発!サイズは小さいけど、かなり沖でのヒットは楽しいですね!
仕事で遅れてきた加ト吉君も20cmサイズをゲットした。更に移動した彼の得意なポイントでも加ト吉君は26cmをゲット!
雨足が強くなりここで終了。
デジカメを忘れてしまい、携帯で・・・・・スゲ〜ピンぼけでした(汗)
フローティングに飛び出してきた26.5cm!


2007.03.09〜10  柏崎

金曜夜にT氏といつものポイントへ!いきなり2投目にヒット!これは27cmの良型メバルだった。
T氏と入れ替わると同じく27cmをゲット!・・・・・ここのポイントでメバルの反応があるのはほぼワンポイント!しかもトレースするコースとレンジを誤ると全く反応が無いという実に難しいポイントである。
この日はこの2匹でピタリと反応が無くなったので、手を変え品を変えジックリと攻めてみるが・・・・・・・やっと25cmがヒット。
二人とも気になるポイントを攻めながらメバルの反応を見ていると携帯が鳴った。T氏からで「シーバスが釣れたよ!」行けば、50cmほどのシーバスだった。タックルがタックルだけにかなり楽しめたとのことだ(^^)
その近くでキャストを開始するとすぐに私にもシーバスが・・・・・・手前までは簡単に寄ってきたが、足元で「ギュィーン」と走る走る(笑)と、ここでいつもの悪い癖が・・・・バッドからしなっているのに強引に抜き上げようとしたらフックが伸びちゃった(^^;;

次も先週と同じポイントへ移動したが、ウネリが残ってルアーが沈みきらない面倒な展開。何とか12cmほどのメバルをT氏がゲットでこの場所を後にした。ここから2カ所彷徨い、「最後に・・・」と行ったポイントで潮が大きく動き出し、22cmと27cmのメバルをゲット!T氏というと30cmオーバーのカサゴ?(ベッコウゾイ?タケノコメバル?という説も・・・・よくわかりません)をストラクチャーの際から引きずり出していた。
時計を見たらAM3:00(^^;;さすがにここで終了した。

次の日は加ト吉君とポイントへ!しかし何事も起こらずすぐにポイントを移動。再開直後に加ト吉君に小さいイカがヒット!直後25cmのメバルを・・・・・彼はこの後、未だ体感したことが無い強力なメバルの引きを味わったのだが、最後の最後で突っ込まれ根ズレでラインブレイク(泣)「デカかったッスよ〜」と泣きが入っていた。
私はというとなかなかこの日のパターンを掴めず苦戦を強いられていた。「俺が悪いのか?ルアーが悪いのか?」と悩みに悩んでいると怪しい反応が・・・・・これはイカだった(^^;;
最後の最後、荒れてくる直前にやっと26cmをゲット〜!!苦しいこの日のパターンが最後まで判らなかったが、これも勉強だ(^^)
釣れて良かった(汗)
2投目に釣れた27cm 2匹目は25cm
T氏のシーバス!メバルタックルで T氏の尺オーバーのソイ?何でしょう?
2日目に悩んでいたらイカが・・・・ 最後の最後に26cm

2007.03.02〜04  柏崎

今週は天気も良く、メバル狙いにはベストと思われたので、いても立ってもいられず仕事を終わらせダッシュで車を走らせた。
先週までは海はまだ冬の様相を見せていた。しかし、3月に入り気温も上昇、「そろそろ・・・・」と期待は高まった。

後にT氏と合流することになっていたが、先に一人でポイントに入る。
一通りポイントを叩いてみたが反応は無い。「まだダメか?」と一瞬頭を過ぎった。「俺のルアーがマッチしてないのか?」とも・・・・
ルアーを沈め、手前の掛け上がりで海藻の上をゆっくりとトレースし、ピックアップしようとした瞬間にヒット!ドラグが鳴った。
「おお!これは・・・」抜き上げた瞬間にフックが外れたが足場に着地(^^;;上がったのは25cmのメバルだった。
もう一度同じ場所をトレースするとワンバイト!「ここにはいる!」と確信したがなかなか同じレンジをトレースできない。
少し場を休ませている間にT氏到着。最初はシーバス狙いをしていたが反応が無いので私がメバルを釣り上げたポイントでメバルを狙っていたようだ。
突然携帯が鳴った。T氏からだ。「シーバス釣れたの?」と聞くと「さっき釣れた場所で2連発したよ!」とのことだ。
駆け寄ってみると25cmと何と!29.5cmの堂々サイズのメバルを上げていた(@_@)

場所を交代しキャストさせてもらうとすぐにヒット!しかしこれはバレてしまう・・・・・再度入れ替わりながらヒットポイントを攻める。
少し離れた場所で私が25cmを追加(^^) T氏もバラシという久しぶりに活気づいたポイントで楽しんだ。
「ここがこの状態ならあそこも・・・・」ということになり、ポイントを移動した。

夜も遅くなってくると気温がかなり下がってきた。しかし、このポイントも熱い!
いきなり新作メバルルアーにカウントダウンでヒット!これは25cm、続いて28.5cmがボトムでヒット!・・・・・この後も期待したが沈黙が続き、身体も冷え切って終了。

2日目はポイントを更に大きく移動。夕マズメに私がヒット!これはビックリ30cmを遙か超える40cmほどの大アジだった(画像無し)。てっきりメバルと思ったんだけど・・・・・(^^;;
その後はポイント転々とし、加ト吉君、アツシ君合流。T氏を含め中小のメバルをゲットしたのだがこの日のメバルは活性が低く連発しない。
最後の最後で私にヒットしたのがヤリイカだった(^^;;
最初にヒットした25cm! カーブフォールでガツン!と25cm
ボトムから引きずり出した28.5cm! 何か変?と思ったらヤリイカ(汗)

2007.02.24  柏崎

大きな船が出航したら潮が動いて一瞬活性が上がったようです。
結構上の方で食ってきた推定10cm強のメバルでした(^^;;
それにしても久しぶりに寒くて、これぞ2月の釣り!という夜でしたね(^^)

最近はワームは使わず、ミノープラッキンに填ってます。
ワームほど根掛かりせず、同じコースにルアーをトレースできないもどかしさがたまらなく楽しいです(笑)

2007.02.09  柏崎

メバルを狙って右往左往(+_+) 釣れたのはソイ3匹!いきなりミノーを襲ったのが30cm弱。残りはワームで2連続ヒット!
が一番大きくて30cm弱かな?

の2匹はワームで!スイミングとフォール
で食ってきました!
27cmくらいです(^^v


撮影後、お帰りいただきました(^^)

2007.01.24  柏崎

土曜日午後より、夜中から荒れる予報だったので「荒れる前に軽く・・・」と車を走らせた。
途中、給油していると釣友T氏からTEL・・・・「俺、もう現場に来てる」ということ(笑)思いは一緒だった。
ポイントに到着すると思った以上に波は高く、足場を確保するのが厳しいかな?という状況だった。幸運なのは風が気にならないことでしたね。

暗くなる前にポイントへ!しかし、段々と海は荒れて来て時々顔面を直撃する波しぶきが・・・・・2時間ほど一カ所で振り続けたが、どうも波が気になって集中できないので波の気にならないサーフへ移動した。
ここではT氏が正体不明のベイトが引っ掛かったとのことで期待は出来たのだが・・・・・色々彷徨い歩いてワンバイトも無い状況に「ちょっとメバル釣りでも・・・」とT氏に提案!柏崎港へ向かった。
しばらくしてT氏のミノーにバイトが・・・・・・ワームからミノーに変えた私の一投目にバイブレーションプラグ並みのメバルがヒット!T氏はバイトがあるもののなかなか乗せられず・・・・やっとヒットに持ち込んだメバルも途中海藻に引っ掛かってバレてしまう(+_+)
そうこうしている内に風が強さを増し、ここで残念ながら終了。
2007年初メバルはミノーで! 前の週釣れたアジです(^^;;

2007.01.01〜02  元旦恒例フィッシングin柏崎

新春恒例の元旦フィッシングは快晴の中、ポイント開拓から始まった。 もちろん、釣れる気など全くしない気楽な気持ちだった。この時点でこの後起こる展開など予想もできなかった・・・・・。

夕マズメ明るい内から釣友T氏とポイントに入る。後に加ト吉君合流。期待は膨らんだが何も起こらず・・・・・・完全に身体が冷えてしまったのでラーメンを食いに行くことに・・・・直後、携帯のメール音が鳴った。見れば釣友b.r君からの画像付きメール・・・「あっ!釣ったな」メールを開くと写っていたのは理解不能な画像?「何だこれ?」どうやら釣れたのはイカのようだった(^^;;
ラーメン屋でb.r君も合流し釣り談義・・・・・別のポイントへ入ることにした。ここでb.r君は一人別のポイントへ!
これがドラマの始まりだった。

開始早々、私のルアーが掛け上がりで止まった。「きた!」ズッシリとした重みにかなりデカイことが判った。全くエラ洗いせず足元に突っ込んでいく・・・・やっと浮かせると魚体が見えた「デカイ!デカイ!」「これはバラせない」やっとのことでリーダーを掴みランディング成功!
2007年初シーバスは海からのお年玉、ランカー85cmだった。
この後、加ト吉君、T氏ともにヒットするもバラしてしまう。しかし、百戦錬磨のT氏がこの後怪しい動きを・・・・・何とランカー87cmをぶら下げてきた。
これで燃えない訳がない!加ト吉君もめずらしく?集中しキャストを繰り返す。
そこへメールで呼んだb.r君登場!「ダメだろうけどちょっと投げてみます」私とT氏はポイントの分析を・・・・・しばらくすると波の音のに混ざり「●♯▲×」何やら叫び声が聞こえたような(笑)b.r君のロッドが満月に・・・・無事ランディングしたのが75cm!「何だここは?」「柏崎じゃ〜ないみたい」これで加ト吉君も力尽きた(笑)
ここで元旦の部は終了。
2007年元旦、海からのお年玉はランカー85cm!K-project Type-Nスペースアユ
最後に!b.r君の75cm K-projectリップチューンのSL
T氏ランカー87cm!「男のルアーR55」で!

二日は日中ポイントを偵察に!車で走っていると同郷のスティーブ・ケン君とテル君発見!前日の話をするとテル君は奥さんとの交渉成立で夜の部同行することに(^^;; スティーブ君は・・・・・これが運命の分かれ道(爆)

寝て起きるとすでに薄暗くなっていた。満を持して潮が上げに入る頃にポイントへ入ることに・・・・・・開始30分ほど経過した時、少し離れた場所でキャストしていたテル君の声が聞こえた。振り返るとライトを点滅して呼んでいるような?・・・・慌てて駆け寄ると「釣れました!」と横たわるシーバスは77cm!テル君オリジナルハンドメでのゲットだ!
次はまたしてもテル君!「すげ〜引きました」という魚体はランカー88cm!・・・・・ここでT氏到着、すかさずジャスト80cm!76cmと続けざまにゲット!
更にb.r君到着、すぐに70cm、68cm、トドメにランカー84cm!5.5kg!と怒濤の攻撃!?(笑)

その間の私といったらどこへ投げてもコツリとも言わず右往左往(泣)全く歯車が噛み合わず一番悪いパターンに陥っていた(T_T)
この日来なかった「加ト吉の呪い」に侵されていたような・・・・・(^^;;

最後にテル君からの自慢メールに我慢できず、焦ってやって来たスティーブ・ケン君が到着した頃には祭りは終わっていた(爆)
足取り重く帰る途中、釣れない二人はボソボソと嘆く「アイツら、人に釣らせようなんて気はね〜のか?」・・・・「釣れない僻みにしか聞こえね〜よな」とヤケにテンションだけは高かった(爆)
明日から仕事始め!次はガンバロ〜ぜ!ケン君よ〜(^^)
この日最大!テル君のランカー88cm!見事オリジナルハンドメで!! 何だ?70cm以下は1本だけ!?

BACK